上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑ブログランキング参加中。1つずつ、ポチポチポチポチッと応援よろしく!

(注)リスナーさんなど、記事中に登場する方のイニシャルは頻繁に重複しており、必ずしも毎回同じ方を示すわけではありません。あらかじめご了承下さい。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日はピアノのクラスがありますた。
2週間前に先生がすっぽかして休講になった、あのクラスですわ。

http://kentanakamori.blog112.fc2.com/blog-entry-64.html

先週はThanksgivingで休みですたので、先生に会うのは3週間ぶり。

で、予想通り、期末試験の範囲が正式に発表されますて・・・

1.音楽理論の筆記試験。(キースケールなど)
2.その場で先生の指示したコード進行を演奏。(マイナーの進行
だけではなく、メジャーも含めた全てのコード進行が範囲)
3.渡された曲目リストの中から1曲を選んで、コード弾き。
(ただし、ピアノ経験者は先生の指定した一番難しい1曲しか認め
られない)

・・・アラ?

・・・アララララ?

ちょ、ちょっと、せんせ~い!!!!!?????

前と言ってることが全然違うんですけど・・・?????

あんなに毎日練習してきたマイナースケールの演奏が範囲から外れ、
その代わりに、渡されたメロディ譜を見ながらコード弾きをしろ、
って・・・

いや、そのメロディがマイナーキーなら練習した甲斐もあるって
もんですが、全然関係ないみたいだし。おいらのあの必死の努力は
一体・・・!?(TOT)

さらに、おいらは一応「ピアノ経験者」とみなされてしまうため、
一番難しくて長い曲を全てコードで弾かないとなりませぬ・・・
しかも、「ゴスペル」を弾けってよ・・・(ーー;)

アメリカの音楽の基礎教育の中心はコードスケールにあるので、
おいら程度にピアノが弾けるなら(厳重注意:たかが「ソナチネ
レベルですので、誤解無きよう・・・)、コード弾きぐらいは出来
て当然、と勘違いされてしまうんですわ。

これが厄介なんだな~。両国の音楽教育は同じ「音楽」という名の
下に、全く違うことが行われているのですからね。(いずれ機会が
あれば詳しく書きたいと思うのですけど、「音楽ほど世界共通では
ないものはナイ!」・・・と叫びたくなるぐらい、共通点がありま
せん)

実際にはおいらは、3ヶ月前まで「コード」も「スケール」も、
全くと言っていいほど知識がありませんですた。そんなもん、習わ
なくても、楽譜さえ読めれば「ソナチネ」に載ってる曲ぐらい弾け
るようになるし、簡単な作曲だってできるわけで・・・ だいたい、
理論なんかちゃんと教えてくれる先生なんて、いなかったしねぇ。

6thコードとか、9thコードって何よ? 楽譜に書いてある「C/E」
って何よ? 2週間前に音楽理論のクラスで、初めて7thコードを
習ったばっかりで、この前、生まれて初めてコード弾きに挑戦した
というおいらに、こんな複雑なコードを弾かせるの?

・・・無茶!!!!!

すっかり嫌気がさしてしまい、今日はライブは休みますたとさ。凹

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑ブログランキング参加中。1つずつ、ポチポチポチポチッと応援よろしく!

(注)リスナーさんなど、記事中に登場する方のイニシャルは頻繁に重複しており、必ずしも毎回同じ方を示すわけではありません。あらかじめご了承下さい。

2009.12.04 Fri l ライブ&練習日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
はじめまして^^
いつも訪問有難うです♪

コードって難しいですょね^^;
ウチもこの前ピアノの先生に教わったんですけど、さっぱりでしたww
ソナチネが弾けるんですか!!
凄いです>w<
ウチゎまだまだですpq
ソナチネの入り口ってとこですwww
アメリカと日本でこんなに違うんですね!
頑張ってください>ヮ<ノシ
2009.12.04 Fri l Loving rabbit. URL l 編集
Re: No title
はじめまして。コメントありがとうございます。

Loving rabbitさんの先生は、むしろアメリカ型のご指導だと思いますよ。コードなどの概念と、クラシックピアノで言うところのバイエル、ソナチネなどの「レベル」の概念は、全く違う種類の「音楽」だということです。ソナチネなどを弾くのに、コードの概念は全く必要ありませんから。

僕はピアノをアメリカで習ったのではなく、大昔に日本で習いました。8年ぐらいやってやめました。当時、「コード」という概念なんて存在すら知りませんでした。ひたすらバイエルやってソナチネやって・・・それだけです。

世代的な問題もあるかもしれませんが、少なくとも僕の時代、一般的なピアノの先生は、コードだのスケールだのの理論には触れることさえなさいませんでした。ただひたすら、ソナチネとハノン、ツェルニーを練習してこい!と言うだけ。僕はピアノが嫌いなので(昔も今も)、非常に苦痛でした。

一方、アメリカの人はソナチネとかハノンとか、一切使いません。そもそもああいうクラシックの曲をあまり聴いたこともないという人が、大学生でもけっこういます。

だから、僕がソナチネの一番簡単な曲を弾いているだけなのに、廊下を歩いている先生も学生もびっくりしたような顔をして教室に入ってきて、拍手してくれます・・・ 何だかフクザツな気分です。だって僕は日本の先生からは、「できそこない」としていつも怒られてばかりいたし、同門の同い年の生徒からもバカにされていたんですから・・・

クラシックピアノのランクの中では、ソナチネは入門を過ぎた初級レベルでしかないので、そんなに拍手されてもなあ・・・ってフクザツな気持ちを抱いてしまうのは、昔の日本に蔓延していた悪しきピアノ教育のせいだと思います。

Love rabbitさんの先生は、アメリカ型の現代的・実用的な音楽教育をなさる方のようですので、ぜひ頑張って練習して下さいね。コードなどの知識を持っていれば、いつか役立つことがあると思います。ただ楽譜通りに指を動かす練習をするより、理論の知識を持っているほうが活用できますよ。

> はじめまして^^
> いつも訪問有難うです♪
>
> コードって難しいですょね^^;
> ウチもこの前ピアノの先生に教わったんですけど、さっぱりでしたww
> ソナチネが弾けるんですか!!
> 凄いです>w<
> ウチゎまだまだですpq
> ソナチネの入り口ってとこですwww
> アメリカと日本でこんなに違うんですね!
> 頑張ってください>ヮ<ノシ
2009.12.05 Sat l Kenta Nakamori (中森ケンタ). URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kentanakamori.blog112.fc2.com/tb.php/80-c2910769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。