上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑ブログランキング参加中。1つずつ、ポチポチポチポチッと応援よろしく!

(注)リスナーさんなど、記事中に登場する方のイニシャルは頻繁に重複しており、必ずしも毎回同じ方を示すわけではありません。あらかじめご了承下さい。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
おいらの感じ方がものすごくマイノリティなのは分かっているし、
自分でもまだ解明できていないところがあるから、暗さや矛盾も
含みがちな話題なんですけど、これについて考えることもライブ
やブログの目的だったりするので、書かせてもらいやす・・・
(以前も今日もこれからも、ね)

さて・・・

おいら、ホントに音楽嫌いなんだな~って、今日再び痛感しますた。

語学のクラスでは週毎にテーマが決まっていて、今週のテーマは
ぬわ~んと、こともあろうに、

 「音楽

だったのね。(ーー;)

世間的には「音楽が嫌い」ってハッキリ言い切る人って、あんまり
いないし、実際、少ないと思うんですよ。だから、教科書も当然、
「誰もが音楽との接点を持っているはずだ」という大前提に書かれ
ていて(しかも西洋的視点から)、おいらにとっては、質問の内容
にもすごく違和感があったのねん。

だって、パートナーを組んで質問し合いっこするんだけど、教科書
に載ってるしょっぱなの質問が、

 「どんな音楽が好きですか?」

だもんね。おいら、答えようがないですわね・・・

おいらとしては、まずは、

 「あなたは音楽を聴きますか? 音楽が好きですか?」

ここから質問して欲しかったんですけど・・・(汗)

まあ、たしかにテクノはOKだけどさ。それは「OK」なだけで、
「好き」っていうのとも違うし、そもそもテクノは音楽だと思って
ないし・・・(以下、延々と横道にそれるので、省略)

で、とにかく今日は金曜日。週の最後だから、テーマに関連した
アクティビティにしようってことで、各自が「紹介したい音楽」を
持ち寄って、プレゼンテーションをすることになりますた。

・・・え? おいらが何を持って行ったか?って?

幸い強制ではなかったので、おいらは持って行きませんですたよ。
だって、何も「紹介したい音楽」なんて、ないんだもん・・・
「歌いたい歌」ならあるけどね~♪

クラスメートはYouTubeなどで探し出して、けっこう気合い入れて
準備してきますた。おいら、とにかく近くで音楽聴かされると、
本気でヤバイかもと思ったので(おい)、教室のいちば~ん後ろの
隅っこにいることを、先生に許可してもらいますた。理解ある先生
で助かりますたわ・・・ おいらが今週、苦渋に満ちた、ホントに
つまんなそうな顔で授業を聞いていたので、その深刻さ(?)が
伝わったのかもね。はぁ。

一応、おいらなりに一生懸命プレゼンに耳を傾ける覚悟ではいたの
ですが、

 うぅぅ・・・みんな、ごめんよぉぉぉ!!!
 ず、頭痛が・・・(T0T)

駄目なんです。マジで聴けない! 音楽を聴かされるのが、ただ
ただ苦痛なんです・・・ 興味が持てない。興味を持つ取っ掛かり
すら見つからない。(いや、「興味を持とう」と努力しちゃってる
時点で、既におかしい・・・) ガマンして聴いているとイライラ
まで募ってくるし。あ~、どうしよう・・・(汗)

唯一少しだけ興味を持てたのは、コリアンのクラスメートが持って
来た、クラシック音楽を現代風にアレンジし、韓国の伝統楽器も
交えて演奏したものをバックに、韓国の若者たちがブレイクダンス
を踊るという動画だけ。



これは、踊りとの全体のマッチングがけっこう面白かったので、
何とか最後まで付いて行けたんですが、他は一切駄目。たしかU2
とか有名どころもあったし、おいらですら耳にしたことのあるよう
なベストセラー、ロングセラーな名曲(?)もあったんですけど
ねぇ・・・う~ん・・・

耐えること1時間。クラスが終わった時には、口を開くのもやっと
なぐらい、グッタリと疲れているおいらがいますた、とさ。orz

自分なりにその「裏側」を探って、少し見えてきているものもある
んですけど、それを書き始めたら、たぶん次の更新が1年後ぐらい
になっちゃうかもなので(汗)、今日は取りあえず「日誌」だけ。

ホントに疲れたので、当然、今日はライブどころじゃありません。
もちろん、ピアノの練習もサボリ決定~。

・・・っつ~ことで、

風邪気味でもあるので、おとなしく早く寝ますだぁよ・・・凹

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑ブログランキング参加中。1つずつ、ポチポチポチポチッと応援よろしく!

(注)リスナーさんなど、記事中に登場する方のイニシャルは頻繁に重複しており、必ずしも毎回同じ方を示すわけではありません。あらかじめご了承下さい。

2009.12.12 Sat l ライブ&練習日誌 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

No title
だだだ、

お大事に。e-339
2009.12.13 Sun l 管理人S. URL l 編集
Re: No title
ご心配ありがとうございます。(汗)
でも、いつものことなので慣れてますから、大丈夫!です。(たぶん)(爆)

> だだだ、
>
> お大事に。e-339
2009.12.13 Sun l Kenta Nakamori. URL l 編集
こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます♪

好きな音楽…なかなかありませんね~

好きな「演奏」ならたくさんありますが。

また、単品の曲で好きな物はありますが、
それも「好きな演奏」がまず、あってのことで。

私は音楽は大好きですが、それはジャンルということでなく、
正確には音楽を通じて伝わる、または伝える「何か」が好きなんだと思うのです
2009.12.13 Sun l h.hamauzu. URL l 編集
Re: タイトルなし
こんばんは、h.hamauzuさん。お越しいただき、ありがとうございます。いつもブログを拝見し、勉強させていただいています。

専門家の方でも、無条件に「音楽なら何でも好き」と感じられるわけではないと知って、何だかとても安心し、また、考えさせられました。おっしゃるとおり、一口に「音楽」といっても、いろんな捉え方があるはずで、一言で定義できるものではないはずですよね。

でも、特に最近の芸術レベルではない、エンターテイメント?な分野では、何でもかんでも「音楽」の一言でくくってしまい、「音楽大好き」「音楽はみんなが好きなはず」という雰囲気に、誰も彼も無理やり取り込もうとするので(そして、僕をも取り込もうとするので)、とても違和感を感じます。毒舌かもしれませんが(苦笑)、「自分はどうして音楽が好きなのか?」という意味すらよく考えたことがなく、ただ「音楽大好き!」「音楽面白いよ!」と叫ぶだけの「ミュージシャン」が何と多いことか・・・ プロパガンダじゃないんですから、と思います。

僕も人に何かを伝えること、表現することが大好きだから歌を歌うのですが、僕の場合は、それはたぶん「音楽」の分野でなくてもいいのだと感じています。歌だとやはりそこにどうしても音楽的な要素が付け加わってきますが、子どもの時から変わらず音楽を聴くことを苦痛に感じることが多く、自分は向いていないと感じています。もし別の分野で自分の表現したいことが叶えられるのであれば、そこに移る心の準備はあるのですが、「表現活動」というくくりの中で、音楽を学んでおくこともいつか別の分野で役立つと思うので、今は取りあえず音楽を学んでいます。

「演奏」によっての違いもたしかに感じます。歌であっても、歌い手が変われば全く違った歌になりますし、それはピアノの曲でも他のジャンルの曲でもそうですね。それで一つ思い浮かんだことは、僕は「音楽」それ自体に耳を傾けることは好きではないのですが、「思慮深い人の演奏には耳を傾けていても疲れない」ことには気付いているんです。先に書いたような、「どうして音楽が好きなのか?」という問いを自分に向けることすらなく、一方的に「音楽ってオモシロイでしょ!」というタイプの、あまり思慮深くない(汗)方の演奏は、どんなに「上手」でも、僕は1分と耐えられません・・・

あらら、長文になってしまいました・・・すみません。
でも、それだけ考えるヒントを与えていただけたということです!
ありがとうございます。

今後ともどうぞよろしく~。

> こんばんは。
> いつもご訪問ありがとうございます♪
>
> 好きな音楽…なかなかありませんね~
>
> 好きな「演奏」ならたくさんありますが。
>
> また、単品の曲で好きな物はありますが、
> それも「好きな演奏」がまず、あってのことで。
>
> 私は音楽は大好きですが、それはジャンルということでなく、
> 正確には音楽を通じて伝わる、または伝える「何か」が好きなんだと思うのです
2009.12.13 Sun l Kenta Nakamori. URL l 編集
そうですよね
さらにご返信です♪
そうですよね。
音楽は「目的」ではなく「手段のひとつ」だと思います。
それは「絵」でも「写真」でも「書道」でも
時には「料理」でも同じ。

芸術=みんなが幸せになれるウソ

いつもそうなるようにと教えさせていただいています。
わざわざリンゴの絵なんて書かなくても
実物置いたほうがリアルですし、真実ですよね。
でもわざわざ油絵に描いたり写真撮ったり。
見るほうもそのウソをわかっててわざわざ個展に行ったりします。
だからそこに悪意はあってはならない。
料理なんかも
「腹に入っちまえば・・・」
なのに、見た目をも楽しませようとする。
わたし、実は音楽より料理のほうが好きですしね♪
逆算がしやすいという、面もあるので。

食べた人が幸せになる

食べた人がおいしいと感じる

その何分前に何をすればよいか(火を点けるタイミングなど)?

ということは何を用意すればよいか?

というように。。。
あ、コレ自分のブログで書けばよかったな~(笑)
いや、書くべきでしたね。
人様のブログで長々と・・・申し訳ありません。
私のブログで、このコメントと同じ内容の記事を書くかもしれませんが、今のうちにお断りしておきますねw
2009.12.14 Mon l h.hamauzu. URL l 編集
Re: そうですよね
丁寧なお返事をいただき、ありがとうございます!

> わたし、実は音楽より料理のほうが好きですしね♪

(笑) 音楽の専門家がこんなことをおっしゃるなんてと、思わず笑ってしまいましたが、たしかにこういうことってありますよね。イメージできます。

真の目的は「表現」であって、そのためにどういう手段を使うかはまた別の問題。そう考えるようになってから、ピアノの練習も何とか続くようになりました。もちろん、音楽やピアノ自体を「目的」とする人もいらっしゃるはずですが、少なくとも僕の場合はあくまでワン・オブ・ゼムの「手段」「ツール」に過ぎなくて、プライオリティはかなり低いようです。

ぜひ、ご自分のブログにもこの話題で記事をお書きになって下さいね。楽しみにしています! とても興味深い話題ですし、僕自身ももっと考えてみたいので。

> さらにご返信です♪
> そうですよね。
> 音楽は「目的」ではなく「手段のひとつ」だと思います。
> それは「絵」でも「写真」でも「書道」でも
> 時には「料理」でも同じ。
>
> 芸術=みんなが幸せになれるウソ
>
> いつもそうなるようにと教えさせていただいています。
> わざわざリンゴの絵なんて書かなくても
> 実物置いたほうがリアルですし、真実ですよね。
> でもわざわざ油絵に描いたり写真撮ったり。
> 見るほうもそのウソをわかっててわざわざ個展に行ったりします。
> だからそこに悪意はあってはならない。
> 料理なんかも
> 「腹に入っちまえば・・・」
> なのに、見た目をも楽しませようとする。
> わたし、実は音楽より料理のほうが好きですしね♪
> 逆算がしやすいという、面もあるので。
>
> 食べた人が幸せになる
> ↑
> 食べた人がおいしいと感じる
> ↑
> その何分前に何をすればよいか(火を点けるタイミングなど)?
> ↑
> ということは何を用意すればよいか?
>
> というように。。。
> あ、コレ自分のブログで書けばよかったな~(笑)
> いや、書くべきでしたね。
> 人様のブログで長々と・・・申し訳ありません。
> 私のブログで、このコメントと同じ内容の記事を書くかもしれませんが、今のうちにお断りしておきますねw
2009.12.14 Mon l Kenta Nakamori. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kentanakamori.blog112.fc2.com/tb.php/89-4f42c87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。